読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鴨川シーワールドに行きました

ふと思い立って、子連れで鴨川シーワールドに行ってきました。

 

1.鴨川までは特急わかしおを利用

車を持ってないので、東京から安房鴨川まで、JRの特急わかしおを利用して移動しました。乗車時間は約2時間でした。

えきねっとトクだ値を利用すると、乗車券と特急指定席が、休日は40%、平日は25%で買うことができます。旅行の2日前に予約しましたが、問題なく買えました。席も自分で指定でき、周りに他の乗客がいない席を選んだので、子供が多少騒いでも、他の乗客に迷惑をかけずに済みました。

安房鴨川駅からは、鴨川シーワールドが運行している無料のシャトルバスで鴨川シーワールドに移動しました。

安房鴨川駅のシャトルバス乗り場の前にイオンがあり、シャトルバスを待つ間に飲み物を買っておきました。宿泊予定の方は、ここで飲み物やつまみを買っておくと良いと思います。

 

2.鴨川シーワールドホテルに宿泊

ホテルは、鴨川シーワールドのオフィシャルホテルである鴨川シーワールドホテルに宿泊しました。

予約するときにたまたまグランビスタタイムセールというプランがあり、お得な値段で宿泊できました。

ホテルは、鴨川シーワールドの横に建っており、ホテル直結の宿泊者専用の入り口が使えます。

また、チェックインの日の開演時間からチェックアウトの日の閉園時間まで鴨川シーワールドに出入り自由となるパスポートが付いていますので、鴨川シーワールドを楽しむなら鴨川シーワールドホテルを使うのがベストだと思います。

子供が多いだけに、夕食、朝食時の簡単な託児や浴場の赤ちゃん用ボディソープやおもちゃなど、子供連れに優しいサービスも多々ありました。

 

3.鴨川シーワールドを楽しむ

鴨川シーワールドは、歴史があるため、はっきり言って、建物や設備の綺麗さなどで比べると他の水族館に見劣りする部分はありました。

しかし、ベルーガ、いるか、シャチ、アシカのショーが、それぞれ専用のスタジアムで行われており、見応えがあります。

また、水族館の生き物たちが人懐っこく、水槽を見ていると、ベルーガ、いるか、トド、セイウチなどは寄ってきてくれたりして、興奮しました。

他の水族館とは、一線を画した独自の楽しみ方ができる水族館として、かなり楽しむことができると思います。